熊本県宇土市の市街を流れる船場川は、キリシタン大名小西行長の宇土城とその城下町整備に伴って改修が行われ、江戸時代は肥後細川藩の支藩として船場一帯の整備がすすみ、船や人々、物流の拠点として栄えていきました。
 轟泉水道の終点の井戸や、馬門石の船場橋はじめとして、歴史的建造物や石段、榎群が残り、近くには天草四郎が幼少期から青年期を過ごした場所もあります。
 このような歴史的スポットに古くから残る蔵を再生し、地域密着型のコミュニティセンターとして活用するために船場川蔵の会は発足しました。